OUR MEMBERS

中島 脩太

制作スポーツ局制作部 (2020年入社)

担当している仕事

「どさんこワイド179」で番組を制作する“ディレクター”という業務を担当しています。
具体的には飲食店やお店からの生中継や、ゲームコーナー「電話でお絵かきですよ」、商品紹介のコーナーなどに携わっています。
ディレクターはネタを見つけて企画を通し、台本を書いて演者やカメラマンと綿密な打ち合わせをし、当日は現場をとりまとめて放送を作りあげるという業務の他に、時には編集室で動画を編集したり、時には自らが小さなデジタルカメラを持って取材することもある本当に多岐にわたる仕事です。その分、毎日刺激があって奥が深く、楽しい仕事です。

やりがいを感じる時

自分がディレクターとして携わったお店の生中継や、コーナーで紹介した商品が電波に乗って全道のたくさんの視聴者の方々に届き、テレビの前の皆さんの新たな発見や興味関心に触れ、その後の購買や行動につながる、この『人と人のつながり』を作れた時に大きなやりがいを感じています。それと同時に自分の中でも、毎日違った現場や業務に携わることで日々新しい価値観や視点を培えるので、自身の人間としての成長にもつながっています。

一貫して言えることは「自分」という一人の人間をしっかりと見てくれる会社だということです。

やりとげた仕事、失敗した仕事

今年の10月でどさんこワイドは30周年を迎えました。ファイターズとのコラボ特番やSTVホールでの公開生放送、様々な特別企画に携われたことはもちろんのこと、「どさんこ恩返しキャラバン」という企画で5日間で5市町村から中継をお届けしたのは自分の中でも強く印象に残っています。コロナ禍でなかなか視聴者の皆さんと触れ合うことができなかった中、感染対策をしっかりと取り、これまでの感謝を“直接”伝えに行けたことは大変嬉しかったです。それと同時に放送後に毎日必ず反省点が出てくるのが生放送の難しいところでもあり、この仕事は「日々達成、日々反省」だと思います。

就活生にメッセージ

私の受験時は様々な課題と選考がありましたが、一貫して言えることは「自分」という一人の人間をしっかりと見てくれる会社だということです。皆さんも無理に背伸びはせず等身大の自分で試験に挑んでみてください。必ずその熱意や誠意を受け止めてくれる会社です。